スター矯正歯科・歯科スター矯正歯科・歯科

menu

マタニティ歯科

お母さんの明るい笑顔が、赤ちゃんのすこやかな成長をささえます

女性は、妊娠から出産にいたるまで間には、母体の身体にも心にも大きな変化をもたらします。
・だ液が多くなる。
・つわりなどで食事の回数が増える。
・気持ち悪くなって、歯がしっかり磨けなくなる。
妊娠における女性ホルモンの増加により、このような生活習慣の変化によって、虫歯や歯周病になりやすくなります。
おそらく体調や気持ちの変化から、歯の治療を受けたくても受けられなくなってしまうこともあるでしょう。
しかし、おなかの赤ちゃんの乳歯の形成は胎生期7週目から始まります。
つまり、これから産まれる赤ちゃんのお口の健康を守るには、産まれる前からお母さんの口腔管理を含む生活習慣の指導が必要になります。
お母さんの明るい笑顔が、赤ちゃんのすこやかな成長をささえます。

治療時期について

一般的には安定期(16週目~)に歯科治療をおこないますが、その他の時期でも母体の状態や治療内容によっては可能です。
リスクが高いと判断される場合は、産科医やハイリスクセンターとの連携のもと必要な処置をおこないます。
また、母子手帳や、産科主治医からの、歯科治療(麻酔、服薬など)の可否に関しての診断書をお持ちいただけると診療がスムーズになります。